目次はじめにプログラミングとの出会い暗黒の波からの脱却何が言いたいって

気付かぬ間にコピペコーダーになってた話

2019-04-07
Poem
Programming

はじめに

お久しぶり?です。しにゃいです お元気ですか?僕は元気です、クソどうでもいいですねはい この記事はちょっとした僕のやらかしを書いています、恥ずかしいですねハイ コピペコーダー、怖いですよ。自分でも何書いてるかわかんないですもん。 しかもコピペコーダーのうちってなかなか自分がそうだと気づけないんですよ怖いことに、ああ怖い とりあえず今Googleで実装したいこと調べてQiitaで出てきたコードとかをあんまり中身を理解せずにコピペしていたり、teratailとかで質問しても、回答の内容が理解できずにコードをコピーしちゃって終わってる人とかはこれを絶対読もうなマジで。

プログラミングとの出会い

なんで急にお前の歴史を知らなあかんねんってなるじゃないですか、でも今回の話に結構ガッツリ関わってくるのでしばしお付き合いください。 僕がプログラミングと出会ったのはB1の9月くらいの事でした。 入学時ある程度まとまったお小遣いを予備校や祖父母から得たのですが、それをある程度使ってしまい近所の居酒屋でバイトを始めたのが5月。 割愛しますがそこで肉体労働は自分にあまりにも向いていないと気付き夏休みに入るときにバイトを辞めました。 まあ正直平日朝から晩まで学校で授業を受け、家に帰ってすぐバイトへ行き1時くらいまで働くというのはあまりにキツかったし正直全然勉強できてなかった。 そこでもやしっ子僕はデスクワークに就くことを決意した。 当時イキリカス全盛期だった僕は、たまたま見つけた投資顧問会社での長期インターンシップに魅力を感じた。 というのも大学生だし投資の勉強をして、投資で稼ごうと思っていたので、小遣い稼ぎついでに投資の勉強ができるのは最強なのではと感じたからだ。 余談ですが大学生だし投資で稼ごうと考えているイキリカス新入生諸君、この手法はあまりにも参入コストが高くあと意外と儲けが少なかったり税金周りも少々めんどくさくなってくるので、もともと金融や資産運用に興味がない限りは辞めた方がいいと思う!! 本題に戻りまして、ここで最初一ヶ月はライターとかをしていた。 そこのブログを更新したり、あとはGoogle AnalyticsやAhrefを用いて流入ワードを洗って次のブログの企画立てをしたり、ということをしていた。 で9月くらいにちょっと手持ち無沙汰になった日があって、その時にプログラミングの仕事を振られてHTMLから一から勉強した、これがプログラミングとの出会いだった。 その時の仕事は、jQueryとか使って簡単な心理診断みたいなアプリを作ろうってやつだった。 でHTMLからCSS、何故かJavaScriptを飛ばしてjQueryを勉強してそれを作って行っていた。(事実実はちゃんとJavaScriptとjQueryの違いを知ったのは11月くらいだったりする。) その時どんな感じで勉強していたかというと、まずProgateで無料のコースをある程度やって、そのあとはやりたいことをGoogleのクエリにかけて調べて試行錯誤していた。 この勉強、正直あんまり知識のなかった頃にすべき勉強ではないなと今は反省している、事実その時は出てきたQiitaの記事とかに書いてあるコードを片っ端からコピペして行くみたいな感じだった。 まあHTMLとかCSSの文法の理解くらいはしていたのでその辺は自分で考えてコード書くってのが出来ていたし、jQuery(てかJavaScript)もifとかforくらいは流石に理解していて全然コード書けていた。 一番やばいのはDOM操作とかその辺だった気はする。要素を消す方法、とかそういうのをめちゃくちゃ調べて片っ端からコピペライフだった。 まあ要するに直感的に理解し難かったものはあんまり考えずにやってしまっていた。てか実はFWやライブラリーにはドキュメントがあるということを知らなかった。(それ以前にこれら用語も知らなかった)

暗黒の波からの脱却

この流れ正直暗黒の波だった、やっていたのが簡単なDOM操作だったからまだ良かったけどこれでバックエンドの業務とかまで流れてきたらでっかいセキュリティホール作って大問題になっていたりってことも全然あったと思う。 しかもあろうことか僕自身は俺プログラミング出来るんじゃね??とか思ってたからマジでやばい 11月くらいに新しくバイトを増やした。卒業生の先輩が受託開発の会社を建てたらしく、そこにプログラマとしてジョインした。 そこでの最初の業務でCodeigniterというPHPのマイナーフレームワークを使っていたのだけど、上司にまずそのドキュメントを読むようにと言われ初めてドキュメントだとかFWだとかの意味を知った。 またその頃エンジニアという可能性が色濃くなっていて、Twitterでエンジニアのかたをフォローしたり、社畜ちゃんを読んだりしていて、自分でもあまり挙動を理解していないコードをコピペすることは実はやばいことなのだと気付いた。 (でもこれ冷静に考えたら非エンジニアでもやばいことだとわかるのにいざ自分がやろうとするとやってしまっていた、忘却の河を渡ってしまいましたね、てへぺろ) なんでこうなってしまったかって考えるとやっぱりDOMとかAPIとかぱっと見難しそうな(実際結構沼だけど)用語の理解から逃げていた、哲学的態度?的なのが足りなかったなってのと、Progateである程度かけるようになってしまったがためにもうコード書けると勘違いして勉強に時間を割いてなかったなと思った。 まあ結局僕が悪いわな、反省して2Sでは哲学を履修していたりしてなかったり。

何が言いたいって

まああれだよね、これまではただの反省みたいなもんだし中身も何もない話だけど、ちょっと思ったことなんだけどアカデミアとかで情報を勉強するとCとかの低級言語やらされたり、本当に使うのかわからないネットワーク技術の勉強とかもあるじゃん? 確かにこれらを勉強して直ぐに自分で何か作れるっていう感じの分野ではないから面倒に感じるかもだけど結局こういう勉強をちゃんとしているかしていないか、今目の前にあるものの中身やら挙動やらをしっかり理解しているかしていないかは大事なことなんじゃないかなって思う。 実は僕非情報系だけど まあだから基礎はしっかりしようなマジでっていうお話

monkey-icon
earth
Shinobu Hayashi a.k.a Shinyaigeek(しにゃい)
Web Developer
I Love and Development Web Technology and that's ecosystem!!
twitter
github
linkedin
Copyright. 2020 Shinyaigeek